創業一○七年 広島駅弁当の雅やかな御節をどうぞ banner2.gif←こちらに登録しています ぽちっと!ご協力お願いします 

2017年05月23日

玉ねぎのみぞれサラダ

暖かいままでも 冷やしてもうまい みぞれサラダ〜

たくさん食べれるので 血液サラサラ〜


☆材料:1人分☆

玉ねぎ(中) 1個
塩 適量
a オリーブオイル 大さじ1/2
a 酢 大さじ1
a 醤油 小さじ1

作り方


玉ねぎの半分は薄くスライス、半分はおろし金ですり下ろします。スライスした玉ねぎには塩ひとつまみをまぶしておきます。aの調味料を合わせてドレッシングを作っておきます。


おろし玉ねぎを鍋に入れて塩ひとつまみをふり、よく混ぜ合わせます。蓋をして強火にかけ、蒸気が上がったら弱火にし、4?5分蒸し煮します。


2にスライス玉ねぎを加えて蓋をし、火を強めます。蒸気があがったら弱火にし、さらに2分。玉ねぎがしんなりしたら火を止めてドレッシングをかけ、ざっくり混ぜ合わせたら完成です。

posted by ご飯ちゃん at 12:10| Comment(0) | サラダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

血液サラサラ 玉ねぎサラダ

血液サラサラ 玉ねぎサラダ


<材料 1人分>
玉ねぎ 1/4個〜1/2個(好みで)
ツナ缶詰 小缶1個
オクラ  5本
ポン酢

<作り方>
・玉ねぎは薄くスライスする。
 有効成分を確実に取るために、玉ねぎはできれば水にさらさない。
 玉ねぎのピリピリが風邪予防に効果があるのだ。
・オクラ、ツナ缶のツナを混ぜ、ポン酢をかけてできあがり。

SANY0004.JPG


※好みでポン酢ではなく、マヨネーズ、ドレッシング、だし醤油でも。
※ツナのかわりにかつお節、ハム・カリカリベーコンでもおいしい。

◆玉ねぎのピリピリが鼻・のどに効く
「なーんだタダの玉ねぎサラダ」と言うなかれ!
生の玉ねぎをかじったとき、鼻にツーンとくる成分「アリシン」には強力な殺菌

成分があり、これが風邪にも有効と言われている。
また、摂取後しばらくは、のど・鼻の温度が上昇。のど・鼻の温度を上げること

により、その粘膜に張り付いている風邪ウィルスの増殖を抑えることができる。
普段の食事に取り入れることによって、のど・鼻に侵入してきた風邪ウィルスを

早い段階でブロック。風邪のひきはじめ、のどが痛い・鼻水が出はじめた、また

は鼻風邪が長引く時におすすめ。

※おすすめ食事時を夜にしたのは、やはり玉ねぎ特有のニオイが口に残るから。

人と会うことなく、1日を過ごせるなら昼間から食べても問題ないが、気になる

場合が多いのでは?? 夜、食事で食べた後は緑茶を飲み、その時に緑茶葉も食

べるとよりニオイ消しに効果が高い。
posted by ご飯ちゃん at 12:10| Comment(0) | サラダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。